MENU

ルールがシンプルなバイナリーにも落とし穴がある?

最近バイナリーオプションが人気を集めています。FXよりもルールが簡単なことがその理由です。基本的にある時間の相場がある値よりも上か下かだけを予想すればよく、FXのように値幅の予想をする必要がありません。2択の問題を当てるようなもので、非常に簡単です。

 

ただし、ここで問題が一つあります。2択の問題の正解を当てる確率は5割です。これをバイナリーオプションに当てはめると2回に1回勝つ計算になります。これだけ聞くと収支がトントンになると考えがちですが、ここに業者の手数料がかかってくることを忘れてはいけません。1回の取引のたびに何らかの名目で業者が手数料を取ります。つまり勝率が5割なら手数料の分だけ収支がマイナスになってしまうのです。業者の手数料のことを忘れていると、勝率が5割を超えていても収支がマイナスになることは十分あり得ることなのです。

 

バイナリーオプションはキャンブルではありません。勘で取引するものではないのです。自分で相場をよく勉強して、少しでも勝率を上げる努力が必要です。

 

バイナリーオプションの注意点まとめ

バイナリーオプションで取引するのに一番重要なことは取引に熱中するあまり熱くなりすぎて無駄なエントリーをしないことです。

 

人間どうしても損失が増えてくると急いでその損失をカバーしたくなるのですが、余計なエントリーが増えると損失を拡大させてしまう恐れがあります。たとえば海外業者だと判定時間が早いもので1分からありますので、経済指標等の為替が大きく動くときに一発逆転勝負えお狙っても良いかもしれません。
経済指標の結果に自身があるのならここで強気に賭けるのも大いにありだと思います。

 

国内業者の場合は判定時間が3時間ですが途中で清算できますのでこの方法を使用すると良いと思います。

 

何故なら国内業者の場合は海外業者と違って倍率20倍の時もありますので、大きなトレンドが形成されているときにはそのトレンドに乗っかります。そして利益が出たら清算するというやり方です。

 

バイナリーオプションはトレンドに逆らってのナンピンや逆張りをすると必ず負けますのでこれは気をつけていただきたいです。